激痛に負ける

今から約6時間前、古串屋さん3日連続「観月会」ライヴが終わりました。
仁希はこの3日目、とうとう歌えなくなってしまいました。
楽しみに来て下さった、たくさんのお客様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
こんなプロ失格なこと、ここで公表するのも本当に恥じるべきことなのですが、、、
今まで歌うたいという仕事上、体調には気をつけてきたのですが、、、
親不知の痛み止めを飲みすぎたせいか、胃をやられてしまって。
ギリギリまで様子をみていたのですが、胃薬も効かなくなって熱も出て。
古串屋さん始め多くの人にご迷惑をかけてしまいました。
倒れてでも、歌えばよかったと後悔しています。
本当にみなさん、申し訳ありませんでした。
ライブ後夜間病院に行ったものの、まだすごく痛むし、もうこんな自分が悔しくて悔しくて、到底眠れそうに無いので、こうしてこれ書いています。
誰にも迷惑かけたくないって、一人で何でもこなして、決断して、乗り越えなければって気負って無理して、、、でも結局、肝心なところで詰めが甘かった。
今回のような失態は初めてで、でも1度でもあってはいけない事だと思ってきたのに。
自己管理能力を向上させて、もっと自分に厳しくならないと。
人との繋がり、大切にしていかなきゃいけないのに、忙しさを理由にぞんざいにしてしまう、、、それも改めないと。
きっともっと改めなければいけないこと、たくさんある。
でも、その前にしっかり休息をとる事が必要かも。
(って、いつ休息とれる時が来るんだろ…)

コメント