見れるとラッキー!「幻日」【3つの太陽】

幻日 日記
スポンサーリンク

2020年8月1日18:54 下関市にて「幻日」を見ることができました。
この日は九州などでも見れたそうです。

幻日 (げんじつ、英語: sun dog/mock sun/parhelion) とは、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことである。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白色または赤みがかった薄い色で太陽に似て見える輝いた点。氷晶からなる薄い雲が太陽光を反射・屈折して起こり,暈(かさ)と同様な気象光学的現象。太陽と同じ高度で太陽の両側に現れ,太陽からの視距離は22°〜32°。普通1対であるが,もっと多く現れることもある。月の場合を幻月という。

スポンサーリンク
百科事典マイペディア

幻日は空中に浮かぶ氷晶による現象ですが、氷晶が平たい六角板状で六角形の面が水平にそろっていないとできないそうです。
氷晶がプリズムの役目をするため、虹のような色がついて見えることが多く、太陽側が赤っぽい色、太陽から遠い側が青っぽい色になるんだそう。
とてもレアな大気光学現象なので、見れるとラッキー、吉兆のサイン等と言われています。
天気予報では、天気が崩れる前触れと言われるそうですが、スピリチュアルの世界では“物事が思い通り進んでいくよ”と後押ししてくれている、そんなメッセージもあるようです。

幻日

https://aki-life.site/nikki/diary/sunpillar/

スポンサーリンク