【好きなJ-pop】「Bubbly Girl」GWINKO(ギンコ)【楽譜あり】

GWINKO音楽
GWINKO Bubbly Girl
スポンサーリンク

1989年 6月 21日アルバム「EVERY GIRL」収録曲。
作詞:岩室 先子 作曲:楠瀬 誠志郎

GWINKO(ギンコ)は80年代~90年代にかけて活躍していたシンガー
私は彼女の歌が大好きで当時から今でもずっと聴いています。
当時もっとブレイクしても良かったのになって思うくらいの歌唱、ダンス、パフォーマンス、楽曲、全て素晴らしいんです。

「Bubbly Girl」内容は、80年代のバブリーな時代、真っ赤なミニのボディコンを着て、バブリーメイクをして、アッシー君に外車で迎えに来てもらって、ディスコに遊びに行く・・・
という、そんな女の子のことを歌っているのではなくて、、、(や、案外ある意味そうなのかな?)
“Bubbly” 辞書によると元気のいい,陽気な、利発で快活な、等の意味があります
聴いてて本当に元気になれるし、頑張ろう!!って思えるのです。
歌詞にも励まされます。特に以下の部分。

私が私に 期待しているの
瞳の奥から 話しかけてくる
毎朝違う 顔している
今日に何を望んでるの? その目で

誰かが私に 期待しているの
街中が私に 誘いかけてくる
違う自分 見つけたいの
知りたいことたくさんある この目で

Hey everybody I’m just a Bubbly girl
逆立ちする 地球(ほし)を持ち上げているみたいだわ
Hey everybody I’m just a Bubbly girl
信じてるの いつだって 今の気持ち

あぁこの 果てしない コスモスに浮かぶ
青い地球が Bubbly Girl 大好きなの
全ての夢を乗せて廻ってる

“この果てしないコスモスに浮かぶ
青い地球が大好きなの 全ての夢を乗せて廻ってる”
ってなんだか、素敵なフレーズだと思うのです。
地球上のあらゆる人たちがきっと何かしらの夢を持ってる。そして
“逆立ちする 星(地球)を持ち上げているみたいだわ” って、
たくさんの夢をのせてる地球を持ち上げてるって。
そんな気持ちで生きていくことが出来たらいいなって思います。
以下の動画には歌詞が掲載されてあります

【歌詞付き】「Bubbly Girl」 GWINKO【Japanese City Pop 80'】

⇓の動画はスタジオライブのものですが、アレンジもミュージシャンもパフォーマンスが素晴らしい!

スポンサーリンク
GWINKO 「Bubbly Girl」
Bubbly Girl by Gwinko
Find the lyrics to any song, discuss song meanings, watch music videos and read artist biographies.

GWINKO(ぎんこ、1973年6月4日 – )は日本の歌手。沖縄県出身。血液型A型。
現在はKINA&GWINKO WORLDCHAMPLOOで歌手の喜納昌吉と活動している。
沖縄アクターズスクール第1期生で、1986年にソニーのオーディションに合格し上京、アクターズスクール出身第1号タレントとなる。翌1987年9月にシングル『STAR SHIP-I’m going high-』(CBSソニー)でレコードデビュー。デジタルサウンドを前面に押し出したR&Bをややハスキーで伸びやかなヴォーカルで歌い、シャープなダンスでキメるというスタイルは、のちのアクターズスクール出身歌手のひな型となった。

『ウィキペディア(Wikipedia)』

楽譜の購入はこちらから

【楽譜】BUBBLY GIRL / Gwinko (メロディ / 入門〜初級) - Piascore 楽譜ストア
GWINKO(ギンコ)オリジナルキーのコード&メロディ譜。 1989年 6月 21日アルバム「EVERY GIRL」収録曲。 作詞:岩室 先子 作曲:楠瀬 誠志郎

スポンサーリンク