cobaさんと「Travessia(トラヴェシーア)」

coba travessia 音楽

昨夜(2015年2月14日)、下関の住吉神社そばにあるJazz Club BILLIEで行われたcobaさんのライブに行ってきました。
友達に誘ってもらって、cobaさんのライブは初だったのですが、なんと席が最前列のセンター!!
かぶりつき(^^;
圧倒されっぱなしで、気迫やエネルギーや波動や、、、もういろんなものを浴びせられ、帰りはコケそうになるくらい意識朦朧としていました。
それだけ凄いライブだったということで、そして私に受け止めるエネルギーが消耗していたのを痛感した夜でもありました。

coba(acc) 天野清継(gt) 伊丹雅博(gt)
http://www.coba-net.com/

MCでcobaさんは一回の公演で体重が2kgくらい落ちると言われてました。
アコーディオンも13kgくらいあるそうで、それにあのパフォーマンスです、、、納得です。
そして本当にアコーディオンが歌うんですね、、、様々な感情が伝わってきます。
共演されてたお二人のギタリストもまたスゴイ!
もう本当に3人のバトルのような、、、でも3人のパワーが幾重にも増幅されたり、研ぎ澄まされたり、圧巻でした。
で、今回のツアーは初めてのカバーアルバムをひっさげて、とのことで、知ってる曲がたくさん演奏されそのなかでも、
私の大好きな曲Milton Nascimento(ミルトン・メシナント)の「Travessia トラヴェシーア」が!
cobaさんがあるシンガーのツアーで世界を回っている時にホームシックになって、その時に元気づけられた曲だそうです。
私もイギリス留学中、CDショップで見つけて毎日毎日聞いて励まされてました。
この曲にはそんな不思議な力があるのかもしれません。
誘ってくれた友達に感謝、感謝な夜でした~

BRIDGES (Travessia トラヴェシーア) 訳詞と動画【前向きになれる名曲】
「ブラジルの声」と称されるシンガーソングライター、ミルトン・ナシメントの”Travessia トラヴェシーア( 道 )” を英訳したのが「BRIDGES」。失恋ソングではありますが、とても力強くて前向きになれる曲です。

【収録曲】
1. Bittersweet Samba  (Sol Lake)
2. 亡き王女のためのパヴァーヌ (Maurice Ravel)
3. Libertango  (Astor Piazzolla)
4. Copacabana  (Barry Manilow)
5. Travessia   (Milton Nascimento)
6. Love Hat Trick (coba)
7. ダッタン人の踊り (Alexander Borodin)
8. 太陽がいっぱい (Nino Rota)
9. Promise (coba)
10. I Just Called To Say I Love You (Stevie Wonder)
11. 安里屋ユンタ (沖縄民謡)
12. ゲゲゲの鬼太郎 (いずみたく)

コメント