ジャズクラブ・ビリー 【Niki’s Live report】

下関ファンキージャズオーケストラ ライブリポート

忙殺week、無事終了いたしました。
本当に今回ばかりは、仁希よく頑張った!!・・・と思います。
ではまず6月22日のライヴから。
今回はあの!ピアノの大石学さん、そしてベースは米木康志さんと。
斎藤BBさんの追悼ライヴだからこそ実現した夢のセッション。
斎藤さんは酔っ払うといつも「俺が大石にジャズを教えたんだぞ!」とおっしゃっていました。
そんな斎藤さんからのせっかくのチャンス。。。失敗したくはありません
それにチャンスを実現させてくださった人たちをがっかりさせたくない・・・
直前の1週間なんて期待と不安で熟睡できない日々が続いたのでした。
15時からリハが始まりました。
2ndステージを務めるファンキージャズオーケストラのメンバーが心配そうに見守ってくれて・・・
もぉこのリハだけで十分シアワセ!!そんな気になるようなワクワクしたリハでした。

ファンキーのみなさんのリハ風景。気合がみなぎってます。
19時の本番直前、控え室で大石さんと昼のメロドラやいろんなテレビ番組の話で盛り上がってしまいました、、、大石さんは意外でしたがかなりのテレビっ子です。
そんなこんなで緊張する間もなく、19時大石さんの演奏が始まりました。
会場は立ち見の方も・・・パンパンの超満員です。
仁希はやっぱり「peace」この曲大好き。。。米木さんのベース、素晴らしかった。。。
斎藤さんの親友、藤井さんのギターが加わって「酒とバラの日々」
藤井さんは涙をこらえながら、演奏されてました。
そして、仁希の出番
「What are you doing the rest of your life?」
「You’ve got a friend」
「But not for me」
「Bridge Over Troubled Water 」
斎藤さんにちなんだ曲ばかり。
「What are you ~」と「But not~」は今回初挑戦。
両方とも難しい曲でかなり苦労しましたが、大好きになりました。
思ったより緊張せずに楽しく歌うことが出来ました。
それはきっと大石さん、米木さんの演奏の素晴らしさはもちろんのこと、会場の皆さんが温かく聴いてくださったお陰だと思います。
それに斎藤さんもきっと、仁希を応援してくれたんだと思っています。
本当に皆さんに感謝です・・・とても大きな経験をさせて頂きました。
私の知人もたくさん来てくれて、ライブ前にハグで落ち着かせてくれたり、ライブ後も優しい言葉をたくさんかけてくれました。とても心強かったし嬉しかったです。
一つ心残りは、仁希の晴れ姿たらーっの写真を撮り忘れました。

2ndのファンキーのステージ、素晴らしかった! それにユミユミさんのMC、最高でした!
本当に斎藤さんや多くの方々のお陰で、忘れられないライブとなりました。

さて、無事終了し、打ち上げ♪
今回、この二人が第2の主役といって良いでしょう。

“コンビ・ザ・ファンキー”まるで漫才コンビですイヒヒ
バンマス西岡さん(左)と前出藤井さん(右)です。
示し合わせたかのようなペアルック! でも全くの偶然だそうでたらーっ
みんなで大笑い

米木さん、髪が少し短くなられてました。
この日の米木さんの名言(迷言!?)“下関にはdeepな快楽がある・・・”
んだそうですたらーっ

大石さん(左)、もう本当に素晴らしい演奏で、気持ち良く歌わせてくださって・・・
今まではいつも客席で演奏を聴いて、打ち上げに参加させて貰っても、実は緊張してあまり話せなかったりしたのですが、今回ちょっと近づけたような♪ 本当に夢のような1日でした。
それに、今回のことで自分の中で山を1つ越えられたような・・・そんな気がしてます。
でもこれも全て周りにいてくれる皆さんのおかげ。。。

コメント

  1. 南国太郎菊の助 より:

    赤道の近所に住まいして早6年。斉藤さんの事も知ったのはつい最近。22日は行きたかったけど仕事の都合でどうにもなりませんでした。NIKKIちゃんのHP時々見てます。がんばってください。皆の顔を久しぶりに見れた….ありがとう。藤井さん少し白くなったなー。当地のJAZZクラブのオーナーが大石+米木コンビを招きたいとしきりに言いますモンで斉藤氏に何回もメール出してたんだけど….返事が無いはずよねー。近く九州へ行くかもしれないので「SAXの先生、大の旦那」にも会って、成重兄弟のLiveにもいって見ようかと思ってます。皆さんによろしく。(元B-SAXより)

  2. 仁希 より:

    おおぉぉーーー! 3-Countryさんですね!
    お久しぶりです。コメントありがとうございます。
    22日には帰国されるのかと思ってましたが、お忙しかったのですね。
    本当に会場全体が温かい優しい雰囲気に包まれた良い追悼ライブになりましたよ・・・
    斎藤さんがしっかり見守ってくれてたんだと思います。
    西岡さんは「なんでココにあいつがおらんのか・・・」なんて言ってましたが、、、
    なんかいまだに寂しそうで、、、帰関される折には是非一緒に呑んで
    バカ騒ぎしてあげてください。