忙殺WEEK vol.5 映画の上映会

瓦そば 下関 日記

忙殺WEEKシリーズも最終回です。
1日 (日) ボナセーラ下関ミーティング 、、、ということで
日曜の午後、“うわぁぁ~!やっといろいろ終わったぁぁ!休みだぁ”と
開放感いっぱいの仁希は、いつものバグダッドカフェに入り浸りにたらーっ
(他に行くところないんかいっ!って声が聞こえてくるようです、、、)
そうしたら、たまたま偶然、またまたバグしか行き場所のない(こりゃ失敬)
ドン・タコスがやってきた!
なので、、、そのままミーティングに突入…とりあえずLiveのテーマは「夏のうた」に決定☆
そして数曲pickup…
問題は、この時期超多忙を極めるドン氏とリハができるかどうか・・・
そして、当日ドン氏が1stステージに間に合うかどうか・・・
…お互い全力を尽くし頑張りましょう→ドン氏

そして忙殺WEEKシリーズ最終日の2日(月)
昼間の仕事を終え、ロッテリアでマッハで夕食を済ませ映画の上映会へ。
下関出身の映画監督・佐々部清氏の最新作「夕凪の街 桜の国
下関のちっぽけな映画館は私が行ったときはすでに満員で、最前列しか空いてなく…まるでプラネタリウムにいるような体勢で、、、ちょっと苦しかった
でも内容は素晴らしかったです、、、是非もう一度みたい。
とても難しいテーマで、多くのことを考えさせられましたが、役者のみなさん
本当に清々しく、そして力強い演技で、、、
7/28(土)全国ロードショーです。みなさん、是非ご覧ください!!
上映会の後は、佐々部清監督を囲む会に出席させて頂きました。
そのときの模様はこちら
村松崇継さんのピアノ演奏、素敵でした♪
食事は出ない、、、との噂だったので急いでロッテリアで食べてきたのにセンターテーブルにはたくさんのお料理が!!
もちろん戴きましたがチョキ
その中でも、仁希の目を釘付けにしたのが、

巨大☆最強・瓦そば製造マシーンワッ!
佐々部清監督に次ぐ存在感、、、
・・・我が家にも1台欲しい

そんなこんなで、嵐のような1週間のあとはグダグダな生活をしております。
でも、親友と美味しいもの食べに行ったりして、ちょっとリフレッシュおてんき
食べに行ったお店がたまたま二人の母校の近くで、3年間通った商店街を○年振りに並んで歩くと、なんだか不思議な感覚で。
「あーーあのパン屋なくなってるぅ」とか「こんなお店なかったよねぇ」なんて
いいながら、二人ふと遠い眼をしてみたり…
二人ともこんなに波乱万丈な人生を歩むなんて、その頃には知る由もないことで。
でも人生、無駄なことなんてきっと、ひとつもないんだ
つらい事も楽しい事も、経験することが多いって、きっと、幸せなこと。。。

コメント