【移住】お試し移住してみませんか?【宿泊無料】

角島 下関移住

新型肺炎コロナウィルスをきっかけに、地方移住を検討中の方にお得な情報です。
下関市では「お試し暮らし」キャンペーンを行っています。
いきなり引っ越して後悔はしたくなし・・・わかります!
実際その街で生活してみてから決めたいですよね
できるんです!
しかも、“いなか暮らし” “まちなか暮らし” “海辺暮らし”
の3つから選べます
しかも、滞在施設の宿泊無料です!
まずは試しに暮らしてみませんか?

宿泊無料の「しものせき暮らし」お試し移住とは?

現在下関市外にお住まいで、下関市への移住を検討している方がご利用いただける制度です。
滞在施設の宿泊料は無料です。
現地までの交通費、食費、洗濯に係る費用、衛生用品等は利用者本人の負担です。
「下関市移住の窓口での移住相談及び体験プログラムへの参加」が、お試し暮らしをご利用頂く必須条件となります
下関お試し暮らしは、下関市について理解してもらい、移住の実現につなげていただくための移住体験です。
体験施設の利用期間等1泊〜4泊5日まで。ご利用人数は1〜5名まで。※年度に限らず一回のご利用まで
お申し込み・お問い合わせ:一般財団法人下関21世紀協会 083-223-2001

■下関市移住の窓口
https://shimonoseki-iju.com/support/consultation
■一般財団法人下関21世紀協会
http://shimonoseki21c.jp/

「YY!ターン支援交通費補助金」
県外に在住する山口県への移住希望者を対象に交通費の一部を補助する制度があります。
https://www.ymg-uji.jp/transportation/

パターン① いなか暮らし

いなか暮らしの宿泊施設は、美しい山々に囲まれた豊田町の農業公園「みのりの丘」。
農業体験やそば打ち体験をしたり、郷土料理を味わえる食事処や、新鮮な野菜などが並ぶ特産品販売所もあります。
農業公園 みのりの丘 http://www.toyota-minori.jp/
下関市豊田町大字八道601-3
083-766-1395
交通アクセス
(1)中国自動車道小月ICから車で35分
(2)中国自動車道美祢ICから車で35分
(3)JR山陽新幹線新下関駅から車で40分
(4)JR山陽本線小月駅から車で35分

パターン② まちなか暮らし

利便性の良い唐戸エリアにあるお洒落なゲストハウス「uzuhouse(ウズハウス)」
ゲストハウス内にはカフェ&バー、イベントスペース、シェアオフィスもあります
唐戸市場の隣、赤間神宮の真正面、関門海峡のすぐ側に建つ最高のロケーション
uzuhouse(ウズハウス) https://uzuhouse.com/
下関市阿弥陀寺町7-8
083-250-9787
交通アクセス
(1)JR下関駅下車、サンデン交通バスで約10分
(2)下関ICより車で5分

パターン③ 海辺暮らし

今や多くの人が「一度は訪れたい!」と憧れを抱く“絶景の地”として知られる、白い砂浜とエメラルドグリーンの海、映画やテレビのロケ地として有名な山口県で一番ホットな観光スポット、角島。
その角島へと架かる通行料無料の橋としては日本屈指の長さ1,780mを誇る角島大橋を望める「ペンシオーネ島戸」が2020年新たにこのキャンペーンに仲間入りしました
(受け入れは2020年10月1日からになります)
ペンシオーネ島戸  https://pensione-shimado.com/
下関市豊北町大字神田3588-19
083-227-2393
交通アクセス
(1) JR新下関駅より車で約60分
(2) 下関ICより車で約65分

お試し暮らし体験プログラムとは?

現地コーディネーターがご案内する体験プログラム付きです。後悔しない、失敗しない移住のために、まずは下関をよく知ってほしい。そのための「お試し暮らし体験プログラム」です。
※下記モデルコースは一例です。

①いなか暮らし(自然生活)体験コース例
・豊田町…Uターン者視察・面談、そば打ち体験等
・豊北町…道の駅「北浦街道ほうほく」視察、移住者面談
・菊川町…Uターン者(花卉生産)視察、面談
・豊浦町…「川棚の杜」視察、面談
②まちなか暮らし(市街地生活)1日半体験コース例
・1日目午前:唐戸周辺視察(徒歩)、午後:ウズハウス徒歩→唐戸市場→商工会議場(経営相談)→市役所→唐戸商店街
・2日目午前:JR下関駅(徒歩&バス移動)、午後:ウズハウス→JR下関駅→ふくふくこども館→移住の窓口
③海辺暮らし 体験コース
まだ移住公式ホームページに詳細はUPされていませんが、「ペンシオーネ島戸」のサイトを見ると、サーフィン・バナナボート・クリアカヤック・水上サイクリング等の体験プランがあるようです。

まとめ

お試し「しものせき暮らし」の3つの宿泊先は、下関市民でも泊まってみたいと思う最高のロケーションです。
そしてそれぞれ特色のある住みやすい地域ですので、ぜお試し移住をして地域の人々と触れ合ったり、自然を満喫したり、地方生活を実感してみてください。