夕焼けピクニック

下関 国道191号 音楽

“秋を迎える・2008”という訳で仁希の恒例行事(!?)
海岸であの曲を聴かずして夏を終われない!
今年も無事行ってきました、お気に入りの海岸へ。
今朝は晴れ間もあるのに大雨(-_-)みたいな天気だったのですが、お昼からは雨雲もどこかへ行ってくれました。
大好きな洋ちゃんのスペシャルドラマを見て、笑って泣いてしたあとに、仁希の愛車を走らせたのでした。
1週間前は海の上にいたのに、なんか海に行くのは久しぶりな感じ…

波の音がとても心地よくて、風がとても気持ちよくて、誰もいない海の家、足跡だけが残ってる砂浜、オレンジ色の空気、、、
そんな夏の終わりの夕焼けの海にこの曲はとても合います。
“チェックのシャツを並べて見せた
コツンと靴をぶつけあって歩いた街だったのに
今年の夏はポツンとふたり
訳もなく何もなく海辺も身近に感じてた”

仁希は、今年の夏もポツンとひとりポロリ この海岸を独り占めでこの曲を聴きました。
そして今回はお弁当持参ニコニコ
19時からまたSunday jazz Liveなので早めの夕食。
海を見ながら、波の音と好きな曲を聴きながら、夕焼けの中で一人でピクニック。
強がりじゃなく、なんだか楽しかった。

1週間前の8月31日、仁希のHOMEといえるバグダッドカフェに行ってきました。
なぜならこの日をもって営業を一旦中止されるから。
移転して早ければ12月に再オープンする予定だそうです。
そのお店でまたマンスリーライヴも再開させて頂きたいと思っています。

ずっとずっとこの場所で、海を見ながら、美味しいケーキやパスタなど食べながらお店のTAKAさんたちと他愛のない話をしてまったり時間を過ごせると思ってた。
でも、悲しいけど変わっていく事もある・・・また再オープンするけどこの場所じゃないんだ・・・もう、海、見れないんだ・・・
でも私の大好きなバグのことだから、きっと今までのお店よりもっともっと素敵なお店になって帰ってきてくれるはず! そう信じてる。
今年の夏も無事、楽しく過ごすことができ、そして秋を迎えようとしている、、、
そんな当たり前のことのように思えることを改めて感謝して。。。

コメント