「nikki★のSweet sound season」 9月3日 オンエア曲

カモンFM 仁希メディア出演(FM / TV)
スポンサーリンク


下関のコミュニティFM「Come On FM」(カモンFM)にて、毎月第1金曜日10時からの1時間、Music palet「nikki★のSweet sound season」という番組のマンスリーパーソナリティとして出演させて頂いています。
FMラジオ 76.4MHz
www.c-fm.co.jp/
インターネットでもお聞き頂けます!
http://www.c-fm.co.jp/simul/

オンエア曲
1.「雨に微笑みを / Laughter in the rain」(1974) ニール・セダカ
2.「I’m not in love」(1975) 10cc
3.「Angel」(1972) Rod Stewart
4.「Your song」(1971) Elton John
5.「All by myself」(1976) Eric Carmen
6.「 The long and winding road」cover by 秋山仁希(「Sweet Season」)

前半の特集

メンタルヘルス。心の健康について・・・主にモラハラについて
モラハラは家庭内等の密室で起こる言葉や態度による精神的苦痛を与える行為
モラハラ加害者は外面が良く、モラハラ被害者以外にはとても優しく親切なため、被害者が周囲に助けを求めても理解して貰えないケースが多く、その為さらに二次被害を受けモラハラ被害から抜け出すことができないことが多い。
また被害者、加害者共自分がそうであると自覚していない場合も多い。
結婚、出産後、あの人に様子がおかしい、元気をなくしてしまった、誘っても断られる、、、周囲にそのような方がいれば声をかけてあげてください。

スポンサーリンク
【もしかして】モラハラでしょうか?【経験者が語る特徴】 | モラハラ脱出中のココロの居場所

後半の特集

自己肯定感とは
自分が自分であることに満足でき、自分を価値ある存在だと受け入れられる力。何があっても「大丈夫。」と、自分を肯定できる力のこと。しかし、自己肯定感は無理に高めようとしても、潜在意識が反発して「自己肯定感なんて高まらない!」と思ってしまうのです。また脳は慣れ親しんだものにまた戻そうとする作用があります。では、どうしたらいいのでしょうか?

自己肯定感を高めるうえで効果的なのが、「書く」こと。書くことで頭の中のモヤモヤを整理でき、ほんとうの自分を確認でき、そして潜在意識に働きかけ、なりたい自分に自分を書き換えていけるのです。そして「書く」以上に大切なのが、「習慣化」。潜在意識は徐々にしか変わりません。だから継続できるしかけが必要なのです。
で、私が今取り組んでいるのが【自己肯定感Diary】
書くこと、続けること(習慣化)、少しずつ無理せずに、ね!

スポンサーリンク