“落語はJazzだねぇ” 【Niki’s Live report】-1

落語はJAZZだねぇ ライブリポート

11月16日(日)落語とjazzのコラボレーションイベント♪
出会いの祝祭08」 が無事行われました。
当日の下関はちょうど「第1回海峡マラソン」が開催され、市内の道路がかなり規制されてた影響で、車通りが少なく別の街にいるような感覚に・・・。
イベント会場には16時過ぎから続々とお客様が。
お陰さまで満員御礼となりました。
17時から雀家ぜい六さんによる落語がありました。
仁希は生の落語は初めて!!ということで、大変楽しみにしていたのですが、想像以上に面白くて面白くて、、、笑いすぎて涙が止まらなかったですよぉ。

落語初めてって方が結構いらっしゃって、なのでぜい六さんから簡単にレクチャーがあったのですが、落語家とは聞いてる方の脳裏に映像を映し出す映写機のようなものだ、、、と。
想像力が豊かだと、10倍にも100倍にももっともっと楽しめるのでしょうね。
会場の広さがちょうどよくて、表情もよく見え、迫力もとても伝わってきて、回りのお客さんが体を揺らして笑ってるのも伝わってきて、とても良い空間でした。
あれだけのことよく覚えられるなぁ~なんて感心してしまいましたが、人を笑顔に出来る仕事って素敵ですよね。
仁希はすっかりぜい六さんの、そして落語のファンになってしまいました。
落語の後はディナータイム。
スタッフのみなさんの手作りのとっても美味しい料理がたくさん!!
そして今回仁希に声を掛けてくださったリュウさんの二胡(にこ)の演奏も。
とても素敵でした。。。

そして19時から仁希トリオの出番です。
part2へ続く

コメント