激・近場でGW【関門海峡散策】

関門橋 日記
200805041546000

GWも終わってしまいましたね。
私は言わばサービス業たらーっみなさんがお休みを楽しんでいる間、そんな皆様の為働くのがあたりまえ、、、
でも!今年のGWは本当に数年振りに人並みに(!?)お休みを楽しみました。
それもとっても近場で。だって徒歩で行ったんだもんラッキー
まずはみもすそ川公園で関門海峡を行きかう船を眺め、源平合戦の
紙芝居を見ました。(語り部は私の知り合いだったりしますたらーっ

そして、多分小学校のとき以来!関門人道トンネルを通って北九州門司へ。

反対側から下関を見るのもまた新鮮。
この場所は私の大好きな洋ちゃんが「水曜どうでしょう」で2000年に“原付西日本制覇”という企画で大魔神(ディレクター)と早食い対決をした場所です。


めかり公園から門司港レトロ地区まで遊歩道ができているのですね…知りませんでした。時間はすでに4時頃だったのですが、駐車場に入るための車の列はまだまだ長かったのでした。
いろいろイベントをやってたみたいで、よさこいの衣装を着たおねえさんたちや、たくさんの出店、たくさんの観光客…
門司港名物の焼きカレーを食べようと何軒か回ったけど、どこもウェイティングで…4時過ぎなのに。
結局たこ焼きとソフトクリームで誤魔化して、連絡船で関門海峡を突っ切って下関に戻りました。
〆はやはり・・・仁希の好きな海、海岸です。
海峡も好きだけど、砂浜から見る海が好き。
夕日が沈んでいくのを最後まで見届けました。

遠くに行かなくても、お金をかけなくても、楽しいこと、美しい風景はすぐ近くにありました。
とかく大きな幸せや楽しみを求めがちだけど、でも気づかないだけ、見ようとしないだけで、幸せや楽しみって足元にたくさんあるんですね。
人ってついつい欲張りになるけど、幸せのレベルを上げることなく、すぐそばにある幸せを見つけて、感謝して、謙虚でいたい。。。

コメント